環境変数

ビルドで利用する環境変数のキーと値の組み合わせです。sharedとジョブの両方で同じキーの環境変数を設定した場合、ジョブで設定されている値が利用されます。

制限事項

shared:
    template: example/mytemplate@stable
    environment:
        FOO: bar
        MYVAR: ${FOO}        # 全てのビルドで MYVAR=bar が設定されます
        X.Y: "Z"
jobs:
    main:
        requires: [~pr, ~commit]
        environment:
            FOO: baz        # ビルド内で FOO=baz, MYVAR=baz が設定されます
    main2:                  # ビルド内で FOO=bar が設定されます
        requires: [main]
        environment:        # 上記のsharedセクションでの設定のため、MYVAR=bar が設定されます
            MYVAR: hello    # MYVAR=helloがビルド内で設定されます

以下のように、ドットを含む環境変数を使用する場合には注意してください。

shared:
    environments:
       X.Y: "Z"

この時、process.env.X.Y では環境変数を取得できません。Node.js では、 process.env['X.Y'] を使用してください。他の言語でも同様です。