ソースディレクトリ

ソースディレクトリはパイプラインのベースとなるカスタムディレクトリを指定できます。ScrewdriverのUIでパイプラインを作成したときや、ディレクトリを追加するために現在のパイプラインをを更新するときに指定可能です。これはmonorepoのサブディレクトリに基づいてワークフローを実行する際に有用です。カスタムソースディレクトリを使えば、単一のリポジトリで複数パイプラインを作成することが可能です。

ソースディレクトリのフォーマット

ディレクトリパスはリポジトリのルートからの相対パスとなります。ソースディレクトリの下にはscrewdriver.yamlが一つ有る必要があります。

Example

リポジトリのファイル構成を表すと以下のようになります:

┌── README.md
├── screwdriver.yaml
├── myapp1/
│   └── ...
├── myapp2/
│   ├── app/
│   │   ├── main.js
│   │   ├── ...
│   │   └── package.json
│   └── screwdriver.yaml
│
...
ソースディレクトリを利用してパイプラインを作成

Create UI

ソースディレクトリを利用してパイプラインを更新

Update UI

この例では、requires: [~commit, ~pr]としているジョブは、myapp2ディレクトリ以下のファイルに変更が発生した場合にトリガーされます。

サンプルリポジトリ: https://github.com/screwdriver-cd-test/monorepo-example

注意点